Google Pixel 4a 特徴まとめ

Google Pixel 4a 42900円

 

 

特徴

 

「Pixel 4a」は、Googleの技術をふんだんに搭載しながらお手頃価格を実現した「Pixel 3a」の後継で、Al技術を駆使したカメラ機能が特徴です。

 

サイズ

 

Pixel 4aはディスプレーサイズが5.8型と、スマートフォンとしてはコンパクト。本体サイズも約69.4mm×144mm×82mmと全体的にやや小さめで、片手でも持ちやすい。

 

デザイン

 

ディスプレーには有機ELを採用していてフラット。フロントカメラ部分をくりぬいたパンチホール構造を採用していることから、モダンさを感じさせるデザインになっている。

 

指紋センサー

 

指紋センサーはディスプレー内臓型ではなく、背面に別途指紋センサーを搭載している。顔認証もなく生体認証はすべて指紋認証を使っている。背面は樹脂素材を採用している。

 

マットな加工が施されていて指紋が付きにくいが、ガラス素材より高級感の乏しい。カラーバリエーションはブラックのみです。本体の下部には充電に用いるUSB Type-C端子、上部には3.5mmのイヤホン端子が搭載されている。

 

カメラ

 

Pixel 4aの大きな特徴はカメラで、メインカメラは約1220万画素/F値1.7の単眼構造で、ミドルクラスの中では見劣りします。しかしグーグルのAI技術を活用し、シャッターボタンを押すだけで綺麗な写真を簡単に撮影できるので、デメリットをカバーしています。

 

代表的な機能の1つが超解像ズームです。Pixel 4aのメインカメラは最大7倍までのデジタルズームに対応するが、望遠カメラや画素数が高いイメージセンサーではなく、ソフトウェア処理によって7倍までズームしても劣化を抑えて撮影できる。

 

実際に7倍でズームしてみると、Pixel 4aでは細かな部分まで比較的くっきり写っています。Pixel 4に比べて倍率は低いが、スナップショット用としては十分な機能といえます。

 

シングルカメラながら背景をぼかした写真を撮影できる「ポートレート」モードも、AI技術を活用した機能の1つ。

 

明暗の露出を別々に調節できる「デュアル露出補正」も搭載されていて、通常のカメラ撮影とポートレート撮影時とで画角が変わってしまうのに注意が必要。

 

ポートレート撮影時は通常の「カメラ」モードより被写体から離れて撮影する必要がある。もう一つのポイントは「夜景モード」を使えば暗い場所を明るく撮影できるというのがある。撮影時はPixel 4aを数秒間固定する必要があるが、夜景を綺麗に撮影できる。

 

ただ一つの弱点は、超広角撮影には対応できないことです。最近は超広角カメラを利用することが増えてきているが、ソフトウェアでカバーできない広い画角への対応は課題といえる。動画はメインカメラで最大4Kまでの撮影に対応しており、フルHD画質なら秒間60コマまでの撮影も可能。

 

撮影時に変更できるのは明るさの調整とズーム(最大5倍)のみです。フロントカメラは800万画素/F2.0と、ミドルクラスでは標準的。しかしメインカメラとソフトウェア技術を活用できるので、ポートレートモードや夜景モードの利用が可能です。

 

容量

 

性能面は、チップセットにクアルコムのミドルハイクラス向け「Snapdragon 730G」を採用。RAMは6GB, ストレージは128GBと、ミドルクラスでは高めの性能を持つ。どの程度の性能を持つかといえば「PUBG Mobile」を挙げると、初期状態で画像設定が「HD」となっていた。

 

バッテリー

 

これはミドルとハイエンドの中間の性能という評価になる。バッテリーは3140mAhと、従来のミドルクラスの端末としては標準的な容量である。

18Wの急速充電にも対応するが、低コスト化のためワイアレス充電には対応していない。

 

ストレージ増設

 

通信部分に目を移すと、4Gのみの対応でSIMスロットは1つだが、eSIMを搭載していることから実質的にはデュアルSIM構造になっている。microSDスロットは搭載されていないので、ストレージの容量増設はできない。

 

もう一つのPixel 4aの大きなポイントはGoogleが提供する最新の機能やサービスの利用ができる。特に大きいのがアップデート保証で、Pixel 4aに搭載されているのはAndroid 10だが、最低3年間はOSとセキュリティーのアップデートが保証されている。

 

一方で、日本語に対応していない機能がいくつかあるのが残念なところである。その代表がPixel 4で「レコーダー」に搭載された音声文字変換機能で、現状では英語しか選択できない。それと音量キーを押すと現れる音量コントロール上でオン・オフができる「自動字幕起こし」も未だに日本語に対応していない。

 

電子マネー対応

 

それでもこれまで提供されている多くのサービスは利用可能だ。Felicaにも対応しているので、「Google Pay」や「おサイフケータイ」でSuicaや楽天Edyなどの

電子マネーが利用できるというのも、SIMフリースマートフォンとして大きなメリットといえる。

 

Google pixel4aの特徴まとめ

Google Pixel4aシリーズ
Google Pixel
販売開始日
2020年8月20日(18日前)
先代機
Pixel 3a
フォームファクタ
スマートフォン
寸法
高さ: 144.0 mm (5.67 in)
幅: 69.4 mm (2.73 in)
厚さ: 8.2 mm (0.32 in)
重量
143 g (5.04 oz)
OS
Android 10
SoC
Qualcomm Snapdragon 730G
GPU
Adreno 618
メインメモリ
6GB
ストレージ
128GB
電池
3,140 mAh
ディスプレイ
5.8 in (150 mm) FHD+ OLED、1080 x 2340
背面カメラ
1220万画素

 

前面カメラ
800万画素
サウンド
ステレオスピーカー