iphone12の特徴まとめ

iphone 12 値段 約 69500円

2020年秋の発売が期待されるiPhone 12シリーズ。これまでのところ、4つのモデルで登場することが予想されています。

  • iPhone 12(5.4インチ)
  • iPhone 12 Max(6.1インチ)
  • iPhone 12 Pro(6.1インチ)
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)

全モデルとも、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、5G通信に対応。また12 Proと12 Pro Maxの2機種においては、高リフレッシュレート(120 Hz)対応のディスプレイや、3つのレンズとLiDARスキャナを備えた背面カメラも搭載されるようです。

 

デザイン

 

デザインは、側面がiPhone 11のように現行の丸みを帯びたものから、より角ばったフラットエッジへと変更。おなじみのノッチ(切り欠き)は画面上部に残るものの、従来より小さくなるとみられています。

 

フレーム

 

また、Appleは高コストな5G関連部品の価格を相殺するために、電源アダプタやEarPodsをiPhone 12に同梱しない可能性も取りざたされています。

デザインの一新が期待されるiPhone 12シリーズ。フレームはメタルフレームで、ステンレス製の素材を採用する見通しです。また端末の前面と背面は、これまでと同じくガラスでコーティングするようです。

 

成形技術

 

今回のデザインは、新たな成形技術を取り入れるなど、細部にまでこだわった複雑なものになる予定です。

例えば、溝入れや射出成形など、フレームに使われる金属の加工技術によって、電波干渉など金属による障害を軽減することができます。このため、高周波数帯の電波を効率よく流すことが可能になり、内蔵アンテナの感度を上げることができます。

 

その他のデザイン

 

全4機種のうち、ステンレス素材やフラットエッジなど新たなデザインが採用されるのは恐らく、12 Proと12 Pro Maxの上位2機種のみになるとみられています。

また底面のマイクとスピーカーのグリル(穴)の数も各機種によっても異なっているようです。

iPhone 12シリーズで一番小さい5.4インチモデルは、初代iPhone SEとiPhone 7/8/SE(第2世代)の中間サイズになるようで、片手操作をしたい方には待望の機種と言えそうです。一方、iPhone 12で最大サイズの6.7インチモデルは、iPhone 11 Pro Maxをわずかに上回る大きさで、6.1インチモデルはiPhone 11とまったく同じ大きさとなっています。6.7インチの12 Pro Maxは本体の厚みが7.39ミリと、11 Pro Max(8.1ミリ)と比較して、10%ほど薄くなっているようです。

 

 

iPhone 12のカラー

 

iPhone 12のカラーバリエーションについては、ネイビーブルーがラインアップすると言われています。

 

ディスプレー

 

iPhone 12シリーズにはすべての機種がiPhone Xや11シリーズと同様のOLEDディスプレイが採用される見通しです。

OLEDディスプレイを採用することで、端末がさまざまな技術や設計に対応できるようになるため、豊富なラインアップを展開できるというメリットがあります。Appleは現在、OLEDディスプレイの開発を進めていると言われています。

 

Y-OCTA

 

またiPhone 12シリーズの上位機種などいくつかの機種において、サムスンのフレキシブルOLEDパネル「Y-OCTA」の採用の噂が取りざたされています。Y-OCTAとは、OLEDパネルとタッチセンサーを一体化したサムスン独自の技術。従来はタッチセンサーのレイヤーをディスプレイパネルに重ねる必要がありましたが、この技術によって、タッチスクリーンの回路を直接OLEDパネルに書き込むことが可能になりました。OLEDパネルとタッチセンサーの一体化により、ディスプレイの薄型化・軽量化、およびコスト削減が見込まれます。ただしディスプレイの薄型化が、端末そのものの薄型化につながるかどうかは定かではありません。

 

LTPO技術

 

一方、省電力LTPO(低温多結晶酸化物)ディスプレイが、将来的にはiPhoneにも搭載されるのではないかと期待されています。LTPOとはAppleが現在採用しているバックプレーン技術で、LTPS(低温ポリシリコン)と酸化物(オキサイド)の特長を組み合わせた、TFT(薄膜トランジスタ)技術のこと。LTPO方式のディスプレイは、LTPS方式と比較して、消費電力が最大15%も少なくなるというメリットがあります。ただしLTPO技術がiPhone 12シリーズに使われるかどうかについては、今のところ明らかになっていません。

 

LTPO方式の省力でディスプレー

 

また4つの機種のうち上位機種においては、ディスプレイとタッチパネルを統合した、LGのタッチ一体型OLEDが搭載される可能性があります。LGは2020年下期に、バックプレーン工程をLTPS(ポリシリコン)からLTPO(多結晶酸化物)に切り替えるとされており、供給が間に合えば、iPhone 12シリーズにLTPO方式の省電力ディスプレイが搭載されることも期待できます。

 

背面カメラ

 

今年発売されるiPhone 12のシリーズでは、背面カメラのさらなる性能の向上が期待されています。上位機種には、LiDARスキャナを使った3Dカメラが搭載されるのではないかと言われています。深度を検出できるこの最先端のLiDARスキャナは、今年3月に発売された新型iPad Proにすでに搭載されています。

 

LiDARスキャナ

 

LiDARスキャナとは、照射したレーザー光が物体に反射して戻ってくるまでの時間を計測することで、センサーから物体までの距離や方向を測定する技術。最大5メートル先の対象物まで計測することができます。屋内でも屋外でも機能し、光子レベルの感度かつナノ秒の速度で、周囲の環境を3Dマッピングすることができます。

 

深度フレームワーク

 

iPadOSの新たな深度フレームワークでは、LiDARスキャナが計測した奥行と、カメラとモーションセンサーから得たデータを組み合わせて、詳細かつ正確に対象物や周辺環境を把握することができます。これによって、より現実に近い感覚でARを体験することが可能になります。iPhoneに搭載されると噂の3Dカメラはこれと同じもの、あるいは同じような機能を持つものと推測されます。

 

3D深度センサー

 

Appleは、「垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL: Vertical Cavity Surface Emitting Laser)」の供給を受け、3D深度センサーを開発しているとみられています。このセンサーは、iPhone 12の4つのモデルのうち、少なくとも1つには搭載される見込みです。AppleがVCSELを初めて採用したのは2017年、前面TrueDepthカメラにおいてでしたが、iPhone 12では、さらに高度なVCSELがToF(Time of Flight)カメラに使われるようです。

 

ToFカメラ

 

また一部では、上位2機種のみ、背面に3D情報の計測が可能なToFカメラが採用されるとの噂もあるようです。

iPhone 12シリーズでも、機種によって搭載されるカメラシステムに違いがあるようです。iPhone 12と12 Maxは2眼カメラを搭載し、上位機種のiPhone 12 Proと12 Pro Maxは3眼カメラを搭載すると予測しています。

 

センサーシフト式手振れ補正機能

 

また上位2機種においては、現行の2倍からさらに進化した、3倍光学ズームの望遠レンズが装備されると伝えられています。スマートHDRも改良され、明暗の差が激しい場所でも、今まで以上に最適な明るさで写真を作りだすことができます。

さらに、iPhone 12 Pro Maxには、センサーシフト式手ぶれ補正機能が搭載されるかもしれません。iPhone 11シリーズでは広角レンズと望遠レンズにのみ光学式手ぶれ補正が対応していましたが、新たなカメラセンサーの技術では、前面TrueDepthカメラシステムに使われているRGB光とIR近接センサーをOLEDディスプレイに内蔵することに成功しました。

 

TrueDepthカメラシステム

 

i

Phone 12シリーズでこの技術が使われる場合、Face IDに必要な、TrueDepthカメラシステムなどが収まったノッチは、これまでよりも小さくなると考えられます。

iPhone 12シリーズでは、Face IDの顔認証機能が向上するでしょう。認証可能な角度が広がることでカメラシステムの視野も広がり、これまでは読み取れなかった角度からでもロック解除が可能になるようです。、手ぶれ補正機能を個々のレンズではなくカメラのセンサーに搭載するため、今後は超広角カメラのレンズにも手ぶれ補正機能が適用される見込みです。

 

 

 

 

 

モデムチップ「X55」

 

iPhone 12シリーズの全4機種が5G通信に対応します。チップには、半導体大手・クアルコム製の5G端末向け最新モデムチップ「X55」が採用される見込みです。X55チップは、ダウンロード速度が最大7Gb/s、アップロード速度が3Gb/sと、快適な通信速度を実現します(あくまで規格上の最大値)。このチップは、主な周波数帯、あらゆる操作やネットワーク性能に対応している、同社初の5Gモデムチップです。

 

5Gサービス

 

5Gの通信サービスには2つの周波数帯「ミリ波」と「サブ6GHz」があります。ミリ波帯では高速データ通信が可能ですが、カバーする範囲が狭いというデメリットがあります。一方、サブ6GHz帯には、ミリ波帯よりもデータ通信は遅いものの、カバーする範囲が広く電波が届きやすいという特徴があります。例えば、ミリ波帯によるサービスは主要都市や人口密度の高い大都市圏で展開され、サブ6GHz帯のサービスは地方や郊外で展開されるなど、各国の事情によって、それぞれの周波数帯の割り当てや運用形態なども異なってくるでしょう。

 

ミリ波とサブ6GHz

 

ミリ波とサブ6GHzに対応した機種の発売は、主要なマーケット(米国、英国、オーストラリア、カナダ、日本など)に限られ、その他の国では、サブ6GHz帯にのみ対応する機種を投入するのではないかとしています。また5G通信網を導入しない国や普及が見込めない国では、サブ6GHzの機能を無効にする可能性もあるようです。

 

 

メーカーアップル
定価(SIMフリー)52,800円($399)(16GB)、64,800円($499)(64GB)
44,800円($399)(32GB)、55,800円($499)(128GB)
キャリア端末価格SBM:56,880円(16GB) / 69,840円(64GB)
au :56,880円(16GB) / 69,480円(64GB)
do :57,024円(16GB) / 69,984円(64GB)
(総額:実質負担額は契約内容により変動します)
発表2016年03月21日(月)(16/64GBモデル)
2017年03月21日(32/128GBモデル)
発売2016年03月24日(木) 16時01分(予約開始)/ 2016年03月31日(木)(販売開始)(16/64GBモデル)
2017年03月25日午前0時01分(32/128GBモデル)
サイズ高さ123.8mm x 幅58.6mm x 厚さ7.6mm (iPhone 5s/5と同じ)
重さ113g (iPhone 5s/5より 1g重い)
容量128GB(約32,000曲、CD3200枚分) / 64GB(約16,000曲、CD1600枚分) / 32GB(約8,000曲、CD640枚分) / 16GB(約4,000曲、CD320枚分)
対応音楽ファイル形式AAC(8-320 Kbps), Protected AAC, HE-AAC, MP3(8-320 Kbps), MP3 VBR, Dolby Digital(AC-3), Dolby Digital Plus(E-AC-3), Audible(formats 2, 3, 4, Audible Enhanced Audio, AAX, and AAX+), Apple Lossless, AIFF, WAV
iPhone 6s / 6s Plusと同じ。
H.264 (MPEG4-AVC)
Video最高4K(3840x2160 30fps)、毎秒30フレーム、Level4.2のハイプロファイル
Audio最高160 Kbpsの AAC-LC、48 kHzステレオオーディオ
Container.m4v/.mp4/.movファイルフォーマット
MPEG4-SP
Video最高2.5Mbps、640×480、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル
Audio最高160 KbpsのAAC-LC、48 kHzステレオオーディオ
Container.m4v/.mp4/.movファイルフォーマット
Motion JPEG (M-JPEG)
Video最高35Mbps、1280×720、毎秒30フレーム
Audioulaw, PCMステレオオーディオ
Container.aviファイルフォーマット
対応ファイル形式.jpg, .tiff, .gif (images); .doc and .docx (Microsoft Word); .htm and .html (web pages); .key (Keynote); .numbers (Numbers); .pages (Pages); .pdf (Preview and Adobe Acrobat); .ppt and .pptx (Microsoft PowerPoint); .txt (text); .rtf (rich text format); .vcf (contact information); .xls and .xlsx (Microsoft Excel); .zip; .ics
カラーバリエーションスペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド
ACアダプタ付属
バッテリ内蔵充電式(リチウムイオン) 持続時間 約14時間(3G通話) / 約12時間(3Gデータ通信) / 約13時間(4G LTEデータ通信) / 約13時間(Wi-Fiデータ通信) / 約13時間(動画) / 約50時間(音楽) / 約10日(待ちうけ)
液晶ディスプレイ4インチ液晶“Retina”Multi-Touch ディスプレイ(1,136×640ドット 326ppi、コントラスト800:1、最大輝度500cd/m2、フルsRGB、耐指紋性撥油コーティング)
携帯電話の方式Model A1662
LTE(バンド1、2、3、4、5、8、12、13、17、18、19、20、25、26、29);
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz);
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz);
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz);
Model A1723 (日本発売モデル)
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、17、18、19、20、25、26、28);
TD-LTE(バンド38、39、40、41);
TD?SCDMA 1,900(F)、2,000(A);
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,700/2,100、1,900、2,100MHz);
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz);
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz);
SIMカードの形式nanoSIM
CPUA9 64bit(M9 モーションコプロセッサ内蔵)
無線LAN機能802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi (MIMO非対応)
リアiSightカメラ1,200万画素、F/2.2、 Live Photos、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、True Toneフラッシュ、パノラマ(最大63メガピクセル)、写真の自動HDR、露出コントロール、バーストモード、タイマーモード。 4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)、1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、720p HDビデオ撮影(30fps)、True Toneフラッシュ、1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応、手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ。フロントFaceTimeカメラ120万画素、720p HDビデオ撮影。
添付品Apple EarPods with Remote and Mic、Lightning - USBケーブル、USB電源アダプタ、マニュアル
その他の機能Bluetooth 4.2、 Assisted GPS(A-GPS)& GLONASS、デジタルコンパス、iBeacon microlocation、 Touch ID指紋センサー、3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、 NFC(Apple Pay用)