OPPOシリーズの特徴まとめ

OPPO A5 2020 2万6800円

 

 

 

安さとバッテリー重視なら「OPPO A5 2020」

 

A5 2020は、本体価格の安さと画面の大きさ、バッテリー容量など実用性を重視したモデルだ。スマホにあまりお金をかけたくないが、LINEやSNSなどをある程度快適に使いたい人にとってベストなモデルだ。格安スマホ市場での立ち位置でいうと、2万円台で大画面・大容量バッテリーのASUS製「ZenFone Max(M2)」と真っ向にぶつかるモデルとなる。A5 2020は後発である分、画面サイズの大きさやバッテリー容量はもちろん、プロセッサもSnapdragon 665と相場としては3万円台後半のスマホ向けのものを搭載。こちらのコスパもかなり高いといえる。

 

「OPPO A5 2020」の主なスペック

 

  • ディスプレイ:6.5型液晶 HD+(720×1600ピクセル)
  • プロセッサ:Snapdragon 665(8コア/2.0GHz+1.8GHz)
  • アウトカメラ 1200万画素(標準)+800万画素(超広角)+200万画素(ポートレート)+200万画素(モノクロ)
  • インカメラ:1600万画素
  • 内蔵バッテリー:5000mAh
  • 防水、おサイフケータイ:非対応

 

レンズ

 

A5(OPPO A5 2020)は、計5つのカメラを1つのスマートフォンに収めています。最大1200万画素のメインレンズ。パノラマ写真用の119o超広角レンズ。芸術的なポートレートフィルターを提供する2つのレンズ。そして、AIビューティー機能を備えた1600万画素のインカメラ。A5の119o超広角レンズを使用し、限られた撮影距離からより広いシーンを撮影でき、すべての被写体や風景を一枚の写真に収めることができます。

 

ステレオスピーカー

 

ステレオスピーカーはフルボリュームでも深みのあるクリアな音で上下立体にあなたを包み込みます。イヤホンを使用すればDolby Atmosとハイレゾを楽しむことができ、豊かなオーディオ環境を実現することができます。

 

 

ディスプレイ(A5 2020 と Reno Aの比較)

 

ディスプレイは、Reno Aが6.4型の有機ELで解像度はフルHD+(2340×1080ピクセル)、A5 2020は6.5型の液晶で解像度はHD+(720×1600ピクセル)だ。スペックは異なるが、両モデルとも縦長で、インカメラがしずく型のノッチなので、前面のデザインは見分けがつかないほどそっくりだ。

両モデルとも6型以上の大画面なので文字や画像ともに見やすく、一般的なアプリの操作で不便さは感じられなかった。大きく異なるのは、大画面で写真や動画、高画質なゲームを楽しみたい場合だ。

写真を見ると、Reno Aの方が高解像度で繊細に表示でき、発色も良好だと感じられた。近年主流のフルHD解像度のスマホを見慣れていると、A5 2020の画面はややぼやけた印象を感じる。また、画面の色が寒色よりで青みがかっているので、実際に利用する際はディスプレイ設定で表示を暖色寄りに変更して使いたい。スマホを使い慣れている人なら、ディスプレイの違いだけで1万円を足す価値はあるだろう。

 

 

背面と側面のデザイン

 

背面や側面デザインは、薄型で側面にかけてなだらかなカーブを描くデザインや、色は異なるが光の当たる角度によって異なる輝きを見せるグラデーションカラーといった特徴は共通している。背面は、A5 2020の方が搭載するカメラの数が多い分、やや豪勢な印象だ。ただ、実際の画質はまた違うので、記事後半のカメラの評価を見てもらいたい。

 

指紋センサー

 

指紋センサーはReno Aがディスプレイに内蔵しており、A5 2020は背面に搭載している。実用性では、机の上に置いたままでも操作できるReno Aのほうが便利だ。

 

充電器とイヤフォン

 

最後に、各モデルの細かい特徴を見ていこう。パッケージは両モデルともソフトケースと5V/2A出力のACアダプター(充電器)、イヤフォンが付属。購入してすぐに使い始められるのはうれしい。充電やサウンド、インタフェース周りは、両モデルともUSB Type-C端子とヘッドフォン端子を搭載。NFCについては、おサイフケータイ対応のReno Aはもちろん、A5 2020も搭載している。

 

内臓スピーカー

 

内蔵スピーカーはReno Aがモノラルで音はあまり大きくない。一方、A5 2020はステレオスピーカーなので、ゲームや動画の音を楽しみやすい。Reno Aを購入する際は、イヤフォンやBluetoothスピーカーの利用を念頭に置いた方がいいだろう。

 

Bluetoothオーディオ

 

Bluetoothオーディオについて、A5 2020はaptXに加えて、長時間接続のaptX TWS+(※)や高音質コーデックのaptX HDにも対応している。Reno AもaptXとaptX HDに対応。aptX TWS+はメニュー画面に記載されていないが、本体から左右のイヤフォンを個別に認識して接続するので実際はaptX TWS+に対応している可能性が高い。両モデルとも、低価格帯ながらaptX以外の接続方式にも対応しているのは驚きだ。

 

充電器

 

一方、充電周りは両モデルともUSB PDやQuickChargeといった急速充電規格に対応していない。付属する充電器はいずれも出力5V/2Aと、完全に割り切った仕様となっている。なお、USB Type-C端子なので、対応ケーブルがあればスマホからスマホへの電力供給もしやすい。A5 2020は5000mAhのバッテリーを搭載しており、他のスマホを直接充電しやすいのも特徴の1つとしている。

 

SIMカードスロット

 

SIMカードスロットは、Reno AがnanoSIM+nanoSIM/microSDXC兼用の2スロット、A5 2020はnanoSIM+nanoSIM+microSDXCの3スロットだ。ドコモ、au、ソフトバンク回線に対応。また、両モデルとも楽天モバイルでは、楽天のMNO回線対応モデルとしても販売されている

 

まとめ

 

Reno AとA5 2020のいずれも、これまでの格安スマホ市場では1万円ほど高く販売されていたはずの性能を実現したモデルだ。格安スマホにコスパやある程度の性能を求めるなら、真っ先に購入を検討すべきモデルといっていい。A5 2020は2万円台モデルの中では高機能で不満点はない。逆にここまで親切な設計・仕様にしなくても、もっと機能を落として安くした方が店頭のウケはいいのではと感じるほどだ。

 

 

OPPO Reno A の特徴の説明

スペック
製品名
OPPO A5 2020

ブルー / グリーン
サイズ
約163.6 x 約75.6 x 約9.1 (mm)
重量
約195g
ディスプレイ
サイズ / 種類

 

約6.5インチ / TFT
解像度

 

HD+ / 1,600 × 720
連続待受時間(LTE)
約450時間
連続通話(通信)時間(LTE)
約33時間
CPU
QualcommR Snapdragon? 665 / オクタコア 2.0GHz + 1.8GHz
OS
Android? 9 Pie
内蔵メモリ(RAM / ROM)
4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側)
約1,200万画素 (カラー) + 約800万画素 (超広角) + 約200万画素 (ポートレート) + 約200万画素 (モノクロ)
フロントカメラ(内側)
約1,600万画素
バッテリー容量
約5,000mAh
ワイヤレス充電
非対応
おサイフケータイ / NFC
非対応 / 対応
防水 / 防塵
非対応 / 対応 (IP5X)
生体認証(指紋 / 顔)
対応 / 対応
VoLTE(Rakuten, docomo, au, SoftBank)
対応 / 対応 / 対応 / 非対応
Wi-Fi規格
IEEE802.11 a/b/g/n/ac
テザリング(Wi-Fi)
10台
SIMタイプ
nanoSIM
付属品
クリアケース / 保護フィルム(貼付済み) / ACアダプタ / USB Type-Cケーブル / 3.5mm イヤホン / 安全ガイド / クイックスタートガイド / SIM取り出しツール