格安スマホを買わないほうがいい人

 

 

キャリアメールが必要な人

自分は必要なくとも、年配の親戚などへの連絡手段にキャリアメールを使っている方も多いかと思います。

 

タッチパネルのスマホを使いこなしている若い層には、LINEやFacebookメッセンジャーといった チャットツールがメールに取って代わろうとしていますが、同世代以外にメッセージを送る場合は、キャリアメールが根強く使われていたりします。

 

また、まれにキャリアメールでなければ登録できないWebサービスなども存在します。

 

そのサービスが生活になくてはならない人は、格安スマホへの乗り換えはおすすめできません。

 

逆に、キャリアメールに特別こだわりがない人はこの機会に Gmailを利用してみてはいかがでしょうか。

GmailはGoogleが運営している有名なフリーメールのサービスで、普段使いをしている人も増えてきています。

 

メールアドレス一つで スマホからもパソコンからでも利用できるため、キャリアメールよりもチェックが楽になるというメリットもあります。

 

また、キャリアに縛られない フリーメールをメインのメールアドレスにすることで、その後もSIM業者を乗り換えるハードルが下がる、というメリットも大きいです。

 

店舗でのアフターサポートをよく受ける人

 

スマホの使い方など 困ったことがあったときにキャリアショップでサポートをよく受ける人は格安スマホにに乗り換えると不便に感じてしまうでしょう。

 

大手キャリアと比べると格安スマホを提供している MVNOのショップは数が少ないため、すぐにショップでサポートが受けられるエリアは少ないです。

 

ただし、 電話によるサポートなどはもちろんありますし、最近では店舗を持ったり家電量販店に店舗ブースを構える格安スマホ会社も増えてきています。

 

これで問題ない方は格安スマホを検討してみても良いでしょう。

 

もちろん、困ったことが起きたら自分で調べられる人は格安スマホ向きです

 

より高速なデータ通信が必要な人

 

MVNOブランドのデータ通信速度の公称値は、「MVNOが大手キャリアの回線をそのまま借りているだけなので、キャリアと同等」と謳われることが多いです。

 

しかし、実際は「大手キャリアの通信領域の 一部を借りている」という表現が正しく、その一部を利用者で分け合う仕組みのため、 混雑するお昼や夜の時間帯は 大手キャリアほど速度がでないケースが多いようです。

 

FacebookやLINE、WEBページの閲覧するぐらいであればこの速度の差を体感することはないでしょう。

 

ただ、動画を頻繁に見るなど、 より高速なデータ通信にこだわる方は、移行に踏み切るのは待ったほうが良いでしょう。

 

通話が多い人

 

 

格安スマホの通話プランは、基本料こそ無料通話を含まずギリギリまで下げられているものの、 通話料金自体はキャリアよりも高く設定されています。

 

およそ 30秒で20円ほど、というケースが多いようです。

 

業種によって、通話が多い場合はキャリアの 無料通話付きプランや、 かけ放題プランの方が安くおさまるケースもあるでしょう。

 

ただし、通話が多い方でも、 2台持ちを検討することでデータ通信の費用を節約することもできます。

 

キャリア決済を利用したい人

 

電子マネー系のサービスはMVNOでも使用できるものが多いですが、 キャリア系のサービスは回線契約をしていないと使えません。

 

例えば、クレジットカードを持っていない・持ちたくない人で、スマホのデジタルコンテンツに課金するためにキャリアのまとめて支払いなどを利用していた場合などがここに該当します。

 

今まで、そのサービスが重要だった、という人は乗り換える(もしくはサービスの使用をやめる)までに手続きや、代替サービスへの移行で手間取る可能性が高いです。

 

動画や雑誌などのコンテンツであれば、キャリア回線に依存しないサービスを使用するのもひとつのコツといえます。